大空さんの徒然日記

カテゴリ:その他( 56 )




レゴ

息子くん、4月で年中になりました。
そして、最近レゴを習い始めました。

え?レゴって習うもん??

という声が聞こえてきましたが、そうです、私も初め同じ疑問を抱きました。
でも、体験教室に参加してみて感じたのは、習うというより
たくさんのヒントをもらって帰ってくるという感じでしょうか。

レゴに答えはありません。
作者が車といえば、どう見ても車に見えなくても、それは車なんですよね。
家で遊ぶだけだと親の器用不器用で限界があったりするのですが、
教室だと毎週定期的にヒントをもらって帰ってきて、家でじっくり作品を作れるので良いかなと思いました。
この「じっくり作る、手先を使って集中する」という所がレゴのいいところでしょうか。

さて前置きはこれくらいにして、息子くんの最近の作品はこちら。

f0083021_21562982.jpg

車を運転するおっちゃんです。

この作品をつくっている息子の横で、私も一緒に作ってみました。

f0083021_21573294.jpg


・・・・・・・・・。
なんとありきたりな、いかにも型にはまったいわゆる「大人」の作品。
面白くもなんともないですね・・・。

それに比べて息子くんは自由な発想で、随分と見晴らしの良さそうな車を完成させました。

「すごい!めっちゃおもしろいやん!」

と褒めてしまったので、調子に乗った息子くん。
今度は空陸両用車を作ってきました。

f0083021_2213112.jpg


プロペラが横についてるので、どうやって飛ぶねん、と心の中でツッコミつつ、

「すごい!プロペラついてるやん!」

と褒めてしまったら、さらに調子に乗った息子くん。
最後にこんな作品を作ってくれました。

f0083021_2233965.jpg


どうやら頂上にドライバーが陣取っている模様。
絶対バランス悪くて倒れるやろ、と心の中でツッコミつつ、

「すごいやん!めっちゃかっこええやん!」

という抽象的なほめ方しかできなかったのでした。

でもこうやって親子のコミュニケーションが取れてるので、よしとして下さい。029.gif
このバランスが悪い感じを構造上いかにしてバランスよくするか、などのヒント(答えではありません)を
教室でもらってくるみたいですね。
そんなレゴの教材やカリキュラムに関わっているMITの教授の名言をご紹介いたしましょう。

「本当の知識は実体験から得られる。子供が何かを夢中で作り上げている時、
その過程で学んだことは他のの誰かに言われたどんなことよりも深く染み込む。」

わかっているようで、わかっていなかった。
この名言を読んで、私は改めて子育てを振り返ることができました。
[PR]



by oozora_column | 2013-04-15 22:24 | その他

もぐらバス

NHK教育テレビのピタゴラスイッチファンはきっと気に入るはずです。この絵本。

もぐらバス

f0083021_14574852.jpg


文章が、大人の私が読んでいてもなかなか面白く書かれていて、
私も息子も大好きです。

近所のおじぃさんちの犬が時々地面に向かって吠えては、おじぃさんに怒られる。
でも犬は気づいていた・・・。地面の下にモグラの世界がある事を・・・・。

まだ読んでない方、是非一度読んでみてください。
おすすめです。
[PR]



by oozora_column | 2012-05-18 14:55 | その他

100かいだてのいえ

f0083021_14293915.jpg

友人より、この絵本が面白いと聞き、早速本屋さんで立ち読み。
絵本の開きかたも縦長で、1階から100階まで各10階ごとに違った動物が住んでいる。
これは面白い、絶対に息子くんも気に入るはずと確信した私は、即購入。
息子くんに読んで聞かせてあげると、「もう一回」とリクエスト多発。
おかげ様で息子くん、1から100まで読み、数えられるようになりました。
とっても面白い絵本なので、まだ読んだことが無い方は一度手にとって見てください。
バージョン2として、「地下100かいだてのいえ」もありますよ。006.gif
[PR]



by oozora_column | 2012-03-01 14:28 | その他

検診のススメ

久しぶりにアップするにも関わらず、真面目な内容でスミマセン。

先週のことである。
友人と乳がん検診、いわゆるマンモグラフィー検査を受けに行った。
子供が卒乳してから、行かねば行かねば・・・と思いつつ、行けていなかった乳がん検診。
アラフォーのワタシの世代は、特に気をつけなければならないのに。
意を決して受けてみたこの検査、意外とそんな言うほど痛くはありませんでした。

そして数日後・・・・。

結果が郵送されてきました。
ドキドキしながら封を開けると、なんと、左の乳房に病変の疑いとあるではありませんか!
それは実は「瘢痕」の様な病変と書かれていたのですが、
私は早とちりし、「癌痕」と読んでしまったのでした。

癌??
こんな書面で告知する??

その瞬間から奈落の底へ突き落とされた感覚に陥った私
お昼寝している3歳の息子くんを抱きしめ
「お母さんはいつまでも、永遠にあなたのことが大好きよ」
と涙ながらに抱きしめ、
この子が満14歳、そう、数え15歳の元服を迎えるまでは死ぬわけにはいかぬ!
(↑↑ 大河ドラマの見すぎ)
なんとしてでもあと11年は生きてやる!
そうよ、癌という病は早期発見したら克服できる病なんだから!

と自分に言い聞かせていました。
その後、インターネットで調べに調べまくり、
症例の画像を見まくり、医師の説明や論文らしきものを読みまくり、
今すぐ乳腺外科医になれるんちゃうかっちゅうくらいの知識を詰め込んだのは言うまでもありません。

がしかし、ふと冷静になり、もう一度郵送されてきた画像診断の結果を見てみると・・・。
「癌」ではなく、「瘢」の読み間違いであることに気づいた。
ややこしいぜ、ヤマイダレ。
半日泣いていたワタシは一体何だったのだ。
呆然とする。

いや、でも安心するにはまだ早い。
再び「瘢痕」で猛烈に検索開始。
結果、私の場合はもう一度エコーによる検査が必要であるようだ。

数日後、再び同じクリニックにてエコーによる検査をすると、
結果、瘢痕のように見受けられた箇所には瘢痕や病変らしきものはありませんでした。
しかし、別の場所にマンモグラフィーでは確認できなかった3ミリ程度の線維腺腫が発見されました。
にわか乳腺外科医になれるくらいネットで画像を見まくっていた私には、
それはおそらく良性であると認識できるものでありました。
なので、医師の所見を聞く時も落ち着いて聞いていられたのであります。
おそるべし、インターネットの時代。

医師からは、3〜6ヶ月後に経過観察しましょうとの事。

今の医療技術の進歩は素晴らしい。ほとんどの病気は早期発見すれば治癒できるのである。
検診は自費診療が多く、受けるのが億劫になりがちだ。
でも受けられるのなら、絶対に検診は受けたほうが良いのだと痛感した出来事でありました。
[PR]



by oozora_column | 2012-02-08 15:05 | その他

風に立つライオン

明けましておめでとう御座います。
今年も皆様にとって素晴らしい一年となりますように・・・。

さて、年明け早々書きたいことがありまして、面倒くさがりのこの私が
元旦の今日、PCを開いております。

私の毎年おなじみの年の越し方は、

紅白歌合戦を所々見る→紅白の勝敗を確認→行く年来る年の除夜の鐘を聞く
→そして、「年の初めもさだまさし」を見ながらウトウトと初夢の世界へいざなわれる

というNHKメドレーであります。受信料払い甲斐があります。

え?さだまさし?CDTV年越しライブでもなく、ジャニーズ年越しライブでもなく?

と思った方!!
私はさださんが大好きです。何といってもトークが面白い。
とはいっても、さださんのトークが主に好きで、歌はそんなに知らない中途半端なファンなのですが、
今回はよかった!
さださんが
風に立つライオンという私の好きな歌を歌ってくださり、新年早々感動してしまったのでした。

この歌は、アフリカの僻地医療に携わっている医師の歌で実話をもとに作られたそうです。

「どんな境遇にあってもそれを受け止め、信念を貫く、風に立つライオンのようでありたい」

という感じの歌であります。(←かなりザックリな説明でスミマセン。)

「辛くないと言えば嘘になるけれど、幸せです。」

このくだりは何というか、心にグっときますね。
この歌を聴きながら思ったこと。
確かに今の日本には物が溢れ便利になった反面、
将来の夢を目を輝かせながら語る若者は少なくなり、
政治への信頼も政治に対する関心も薄れ、何か違うような気はする。
でもそれはアフリカであろうと日本であろうと、
人がどう生きるかというのは、その人の心のあり方次第なんじゃないのかなぁ、と。
ただなんとなく流されて生きるのか、信念を持って生き抜くのか。

勝手な親の願望になるのですが
息子もこの歌の医師のように、信念を貫いて生きていってほしいなぁ・・・。
なんて、一人しみじみしてしまったのでした・・・。

息子だけでなく、
そう、いつもなんとなく流されて日々を生きている私も、これからは
風に立つライオンでありたいと、新年の誓いをたてたのでありました。
003.gif
[PR]



by oozora_column | 2012-01-01 22:25 | その他

モンテッソーリの幼児クラブ

以前こちらのブログでも熱く語ってしまったモンテッソーリ教育
私が最も尊敬する人物は「マリア・モンテッソーリ」であります。
家でも簡単にできる、生活に関係しているお仕事が主なのですが、
おうちでするにも限界があることに気づいてしまいました。
といいますか、ぶっちゃけ私が息子君の根気強さに負けるのであります・・・・。008.gif

おじぃちゃんが買ってきた迷路や点つなぎのドリルを、
うちの息子君はやり始めると止まりません。しかも一緒にやろうよー!とせがまれるのです。
一緒にしてあげるのが一番なのですが、さすがに1時間15分・・・ずーっと迷路でして・・・。
私の方が疲れ、遂に禁断の一言を言ってしまうのでした。

「そろそろ休憩しない??お母さん疲れたわ・・・。」

こんな出来事が続いたある日、なんとか彼の集中力と湧き上がる学びたいというエネルギーを
うまく伸ばす方法はないか????
と検討していたところ、

そうだ!モンテッソーリの幼児教室を探して、そこでとことん心ゆくまで集中するがよい!

と、ひらめいたのでした。(←なんとズボラな母でしょうか・・・。)
その後WEBで検索し、NPO法人が開いているある教室にたどり着きました。
モンテッソーリと名乗っていても、教材だけをチョロっと取り入れているだけの教室もあるのですが、
こちらの教室はモンテッソーリの特色である、

「自分でやりたい事を選び、集中して行い、そして達成感・満足感を味わう」

というサイクルをしっかり守ってくれている教室です。
大阪の今里まで遠い道のりなのですが、息子が「今日も行きたい!」と泣いて言うほど
息子には合っている教室なので、私も頑張って連れて行ってます。
もちろん、うちでもなるべく集中できるようにサポートしていきたいと思う今日この頃であります。

f0083021_2315968.jpg整然と並べられたお仕事の道具(教材)
子供たちが道具を自分で選んで自分で簡単に片づけられる収納の仕方。
これがモンテッソーリの特徴の一つであります。
しかしこの環境を自宅で整えるには、限界がありまして・・・。




f0083021_23155767.jpg



















f0083021_23161934.jpgすぐに手に取れるよう並べられた絵本やお仕事の道具
















今月は版画が特別メニューであり、息子君初めて版画に挑戦
f0083021_23191153.jpg

しかし3歳の彼には、版画に文字を入れると、刷った時に鏡文字になる事は想定外であった・・・。f0083021_23203913.jpg







仮面ライダーフォーゼと雪と雪だるまだそうです。(原版)
『ゼ』だけが平仮名なのが微笑ましいでしょ?
[PR]



by oozora_column | 2011-12-11 22:54 | その他

戦隊ヒーロー

3歳になる我が息子、遂に戦隊ヒーローに興味を持ち始めた。
一応女の私、毎日相手(悪役)をさせられる羽目になり、
けっこう疲れます・・・。

今年で戦隊ヒーローは35周年を迎えるそうで、歴代のヒーロー達が毎回登場し、
親世代も楽しんで見られる番組になっています。

でも冷静に見ていると

(この役者さんはよく恥ずかしがらずに真面目な顔でこんなセリフを言えたもんだ・・・。)

という台詞がちょいちょい出てきて、別の意味でも楽しめます。

例えば・・・。
「俺は納豆と男が大嫌いなんだよっ!」 ジェットマンレッドの台詞
誰もあなたの好き嫌いなんて聞いてません。037.gif

再登場した昭和のヒーロー達。
変身前のヒーローも時間の経過と共におじさんになっていて、
見ていてちょっぴりせつない時もあったりします・・・。

そして今、息子はこのレンジャーキーとモバイルホンで変身ごっこに熱中してます。
平成のヒーローは変身グッズも携帯使うんですね。
f0083021_9483879.jpg

f0083021_9492745.jpg
[PR]



by oozora_column | 2011-09-11 09:56 | その他

救急の日

今日息子をプリスクールに預けた後、ふらっと近くのショッピングモールに行ったところ、
多目的広場で消防署の方が人形を使った救急処置のレクチャーをしていた。
前職に就いていたころは年に1回救急処置の練習・復習日があったが、
辞めてからかなりの期間練習する機会も無かったので、久しぶりに練習しようと思った。

子供用の人形で、人工呼吸・胸部圧迫・AEDの使い方を教えて頂き、
ふらっと立ち寄っただけなのに、とっても勉強になった。
おまけに、なんと!!!
デジタル血圧計(手首で計るタイプ)まで頂きました。
教えてもらったにもかかわらず、お土産まで頂いて、
とってもラッキーな一日でした。001.gif
[PR]



by oozora_column | 2011-09-09 09:26 | その他

ずすって柔らかいの?

とあるカード会社から誕生日プレゼントが送られてきた。
スズでできている、何と呼んでいいのかわからないこの品物。
言うならば、自由に形を変えられるホルダー。
f0083021_2246206.jpg


手で動かすと、メリッメリッと音がします。
でもこの音は気にしなくていいそうです。
携帯を置いてみたり、カードをたててみたり。
なかなか使えそうで、とても有難いプレゼントでした。
f0083021_2244995.jpg

[PR]



by oozora_column | 2010-10-19 22:47 | その他

モンテッソーリ教育

今回はちょっと長くなりますよー。
教育について、私のような者がが語る事ではないのですが、
あまりに衝撃を受けたので書かせてください。

息子が2歳になり、魔の2歳児と言われるこの時期に、ふとしたきっかけで知ることとなったモンテッソーリ教育。
今、私はこの教育に出合って本当に、本当に、本当によかったと思います。
モンテッソーリ教育は、イタリア人医学博士でもあり科学者でもあるマリア・モンテッソーリ氏が
確立した教育法(?)であります。
オバマ大統領やGoogleの創設者などが受けた教育らしいので、(というか、アメリカで一時モンテッソーリブームが起こったそうな)
初めはいわゆるミーハーな興味本位でくいついたのですが、どっぶりとのめり込む事になってしまいました。

昨今、様々な教育方法がテレビなどで取り上げられていますが、私としては
「ほー、なるほど。」
と感心する事はありましたが、共感する事はありませんでした。
しかし、このモンテッソーリ教育は上手く言葉で表せないのですが、敢えて表すとしたら
私の中で共感し、スーッと染み込んでいくように感じました。

たらたらと書きましたが、じゃぁ一体どんな教育やねんってお思いでしょう。
以下私なりにザックリと説明いたします。
モンテッソーリ教育とは、
自分で選ぶ→何度も繰り返す→集中する→達成感を味わう
この4つのサイクルからなり、
「自立し、落ち着いた心を持ち、そして他を思いやる心を育てる」教育です。
知識が豊富な大人に育てるのではなく、知恵のある子(考える力、自分で学んでいく力)を育てる教育なのであります。

3歳までの子供は秩序を好み、また自分でやりたいという欲求が芽生えてくる。
秩序が乱されたり(いつも通りでない)、大人がサッサと子供のやろうとしている事をやってしまうと、
120%の力を振り絞って抵抗してくる。
これが魔の2歳児と云われる行動の一つなのでしょう。
また、「自分でやってみたい!」という自然の欲求の芽が次から次へと出てくるこの時期。
多くの大人達は、
「急いでいるから」とか、「危ないから」とか、「散らかるから」とか、「まだ無理だろう」などという
大人の物差しで計ってしまい、自分でやってみたいという子供の心の芽を摘んでしまっているのだそうな。
芽を摘まれてしまった子供が小学校に入った頃、
「片付けなさい」「自分のことは自分でしなさい」などと言ってももう遅いのだそうな。
なぜならその自立しようとしていた芽は3歳までに摘まれてしまっているから。

「ある範囲を超えて子供に与えられる援助は、子供の発達の障害になる。」
「子供は大人と違うという事を知る事」~ マリア・モンテッソーリ ~

日常のちょっとした事で、子供は健全に穏やかな心を持つようになるそうです。
子供は何度も何度も同じことを繰り返し、ぐっと集中することにより心が満たされる。
そう言えば、うちの息子も何度も何度も坂道をあがっては下り、上がっては下りていました。

「活動は子供を幸せにするばかりでなく、平静にもする事を忘れてはならない。」~ マリア・モンテッソーリ ~

私は、お絵描きが大好きな息子にもっと外遊びをさせようさせようとしていましたが、 
大事なポイントは子供がいかに集中しているかであって、屋外屋内は関係なかったのです。
(そりゃもちろん、外遊びはいいこともたくさんありますが。)


健全で穏やかな心を持った子供が成長し大人になり、社会を形成することは
世界を平和にする第一歩であるとモンテッソーリは考え、
そして彼女はノーベル平和賞の候補となったそうです。

ほかにも書ききれないことがたくさんありますが、興味がある方は、
「親子が輝くモンテッソーリのメッセージ」相良敦子著
を読んでみてください。事例形式でとってもわかりやすく書かれています。
もっと掘り下げたい方は
「ママ、ひとりでするのを手伝ってね!」相良敦子著
を読んでみてください。

長くなりましたが最後にもう少しだけ。
モンテッソーリ氏の言葉を抜粋させていただきます。
大人の勝手さについて。

「一方ではうやうやしい敬意を、他方では侮辱する権利を握って大人は子供に決定判決を下し、
侮辱を与える権利を持っています。大人は子供の要求は自分の裁量次第で逸らすか抑圧するかができます。子供が懸命の抗議を行うと大人は実情を調べようと努力しないで、不従順かそうでなければ憂うべき不信行為とみなすのです。」
「大人は自分がじっくり何かをする事ができて心から喜んだとしも、子供が同じ様な体験をする事は
ほぼ無関心である。そしてただの利害だけから子供を怒る。大人は子供に対して何と勝手なのでしょう。」

子供とは。

「子供は成熟した人間を作り上げる者。つまり、子供は大人の父親なのだ。」

私を含め、子供に携わる大人、つまり社会全ての大人はこの言葉を噛みしめなければならないと思い知らされました。
[PR]



by oozora_column | 2010-09-02 00:15 | その他

とうとう空のお仕事を退職し、只今育児に専念中。そんな大空さんのたあいもないお話。
by oozora_column
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

HPのご案内

いつでも里親募集中の
サイト
いつでも里親募集中

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧