大空さんの徒然日記

わざとか?!

今朝、犬の散歩をしていたら嫌な物が目に付いた。
犬の抜け毛である。
犬が歩いていて自然に抜けたような毛の状態ではなく、
明らかに人の手によって捨てられた様であった。
筆先のように一塊になった毛が、
わっさ~
と道端に落ちている 捨てられている のである。
毛の状態から見るとクリーム色か茶色の外毛を持ち、ふわふわの白い下毛を持つ
柴犬程度の短毛種と見られる。

今の時期は換毛期にあたり、犬や猫の抜け毛が激しい。
だから飼い主はブラッシングに余念が無い。
でも普通の飼い主は公園などでブラッシングしても、飼い犬の抜け毛は持って帰るのである。
しかし、このようなマナーの悪い飼い主が道路に捨てて帰るせいで
全ての飼い主の印象まで悪くなり、終には
『公園内犬の散歩禁止』
という悲しい結末になるので、本当に止めて頂きたい。

そんな感じで朝から気分悪いな~と思いながら歩いていると、
また同じ毛が捨てられている。

も~。またかよ。

そう思って更に歩いていくと、また同じ毛が捨てられている。
その毛の飼い主は、どうやら私と散歩コースが同じらしい。
歩くたびに要所要所で捨てられている。
ここまで堂々とポイントポイントで捨てられているとただの抜け毛では無いかも知れない、
と思えてきた。
ある意味、散歩の途中にここまでこまめに犬の毛を抜くのも面倒くさいだろ、と。

『おいちょっと待てよ。これはもしかして宇宙からのメッセージかもしれないぞ。
 ナスカの地上絵の様に、実は上空から見たら何かの絵になってたりして? 
 いやいや、そんなわけない。これは道に迷わない為の目印かも?
 いや、なんでやねん、山奥ならともかく、こんな住宅街で道に迷うわけないし・・・。
 あっ!、もしかしてこれは、ドッキリカメラか??
 どこかでこっそり撮影されてたりして。』

などと、考えてしまうくらい、私が進むみち進む道に捨てられていたのであった。
その毛の痕跡は、残念ながら眼鏡屋さんの前で終わっていた。
朝から気分悪いと思っていたが、ここまでされると想像力が掻き立てられるのであった。
何事も中途半場ではなく、とことんやる事に意味があるのかもしれません・・・。

あ、いやいや、そんな風に結論付けてはいけなかった!

飼い主の皆さん、
犬のう○ちと抜け毛は持って帰りましょう。
[PR]



by oozora_column | 2007-03-16 11:05 | たあいもないお話

とうとう空のお仕事を退職し、只今育児に専念中。そんな大空さんのたあいもないお話。
by oozora_column
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

HPのご案内

いつでも里親募集中の
サイト
いつでも里親募集中

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧