人気ブログランキング |

大空さんの徒然日記

<   2006年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧




阪神高速環状線

久しぶりに阪神高速環状線を車で走った。
環状線を走るたび、毎回緊張するのは私だけでしょうか?

怖いです。
回りの車みんなが怖いのです。

殺気だってると言いましょうか、
ちょっとでも変なところでブレーキを踏もうものなら
ハイビ-ム光線の攻撃にあい、
ちょっとでもオロオロしようものなら、
即効クラクションの洗礼を浴び、
頭の中で事前にイメージトレーニングしておかねば
行きたい車線に行けず、神戸に行くつもりなどさらさらないのに
何故か神戸線に入りそうになり、
下手すると環状線をもう1周するはめになったり、と、
なんとも田舎者泣かせの恐ろしい高速道路である。
慣れない他府県のドライバーは根性出して運転しないと
永遠に環状線から降りることが出来ないでしょう。

おそらく、こんなに恐ろしい高速道路は日本全国他には無いだろう。
つまり、阪神高速環状線を制したものは
日本の道路を制したといっても過言ではあるまい。

特に、中之島のカーブを曲がった所からすんなりと守口線に入れたら
あなたのドライビングテクは怖いもの無しです。
何故ならあの短距離で一番右の車線から
左から来る合流車をかわしつつ
一番左の車線に行かなければならず、
回りの車は右へ左へと交差するわ、
守口線に入りたいのに北浜で降りる車の流れに巻き込まれ
危うく北浜で降りそうになったりと・・・・・・。
実は私。今だから言いますが
15年程前、夜中阪神高速の北浜で降りそうになり、
バックして戻った事あります。

ほんとに恐るべし。環状線。
あそこには魔物が住んでいる。絶対に!!



by oozora_column | 2006-12-30 15:30 | たあいもないお話

葉加瀬 太郎

先日、フェスティパルホールにて
葉加瀬太郎のコンサートに行ってきました。
友人がファンクラブに入っているので、ありがたい事に
結構前のほうの席で見ることができました。
葉加瀬さんのコンサートは2回目だったのですが、
毎回彼は天才だなと思い知らされます。
曲が素晴らしいのは言うまでも無く、
合間合間のトークが面白い!
さすが大阪人、ちゃんと話にオチがあります。
そして会場のみんなを盛り上げ、楽しませることができ、
彼のような人のことを

エンターテーナー

と呼ぶのだなと思いました。
そしてこのライブにゲストとしてバイオリニストの古澤 巌さんが
登場したのですが、
私にはどうしても葉加瀬さんと古澤さんのツーショットが
パパイヤ鈴木とTIMのゴルゴにしか見えず
笑いをこらえるのに必死でした。
なんとも言えぬ、1粒で2度美味しい、
グリコのキャラメルのようなライブでした。
(おっと、こんな事書いては、葉加瀬ファンが怒ってしまいますね!)

ライブの最後はT先生の自称テーマソング

『情熱大陸』

で大いに盛り上がり、ほんとに素晴らしいライブでした。
才能があるって、ほんとに羨ましいです。
葉加瀬さんのライブに行ったことがないアナタ!
人生損してます!
来年は是非1度彼のバイオリンエンターテーメントを
聴きに行かれることをお薦めいたします。

ご参考までに葉加瀬さんと古澤さんのツーショットを貼ってみました。

f0083021_1456925.jpg



by oozora_column | 2006-12-29 15:05 | 休日

ハグアンドチュー

今、ニートやいじめ、家出少女など
子供に関するいろいろな問題がありますが、
これらの問題に共通している根本的なことは
『愛』が不足しているんだと思います。
『愛』は目には見えません。
でも子供が、自分はちゃんと愛されていると感じることができたなら
人をいじめたり、家出したり、非行に走ったりなど
なくなると私は思います。

実際私はちょっと複雑な家庭環境で育ち、
非行に走ってもおかしくない思春期を過ごしたのですが
でも非行に走ることはありませんでした。
なぜなら、親から愛されていると実感していたからです。
ここで自分が不良になるのは簡単だ、
でも、自分の為に一生懸命働いている親にこれ以上苦労をかけてはいけない、
と思ったのでした。
(そのわりに、家の用事を手伝わない悪い娘でしたが)

では具体的に愛をどのように表現するのでしょうか。
それは『ハグとチュー』ですべて解決です!!

以前探偵ナイトスクープでこんなネタが有りました。
『Hug me!』(僕を抱きしめて)
『Free hug』(ハグ無料)
こんな紙を持った少年が梅田の真ん中に立ち
通り行く人達ととハグをしてみたい!という依頼でした。
最初は、あいかわらずくだらないネタを一生懸命するなぁ、ナイトスクープは。
と、思って見ていたのですが、
意外や意外、老若男女色んな人たちがハグしてくれたのでした。
そして、最後にはなんだかわからないけど感動してしまい、
見ているこちらも涙が溢れてきたのでした。
もちろん、当然ですが西田局長は号泣でした。

実は私も小学校4年くらいまで母親にハグアンドチューをされていました。
そう、まるでアメリカ人のように。

『行ってきます!』

チュー  ハグハグ

『おかーさーん!』

チュー  ハグハグ

『お休みなさーい!』

チュー  ハグハグ

ま、こんなかんじで普段の生活にハグアンドチューが密着していました。
ハグアンドチューは言葉にしなくても、全て伝わります。
皆さんも一度試してみてください。

愛する人へ『ハグアンドチュー』



by oozora_column | 2006-12-27 12:24 | たあいもないお話

クリスマス

今年のクリスマスは連休です。
成田のホテル前のコンビニに行ってびっくり!
ここは朝の難波駅構内のコンビニか?というくらい
人人人(いろんな人種)でごったがえしていました。
クリスマスの予定を気にしていたのは独身だった若かりし頃の話で
今なんて、クリスマスに仕事が入ってようが入ってまいが、気にすらしなくなった私。

クリスマスと言えばサンタクロース。
皆さんは何才までサンタクロースを信じていましたか?
私はと言いますと、純仏教の家に生まれ落ちた性といいましょうか、
小さい頃はクリスマスケーキすら食べることなく、
ましてやクリスマスプレゼントなんてあるはずもなく、
でも世間はクリスマスで賑わっているので
もしかしたら今年こそ私のところにサンタさんが来てくれるかも・・・。
と、ささやかな願いを込めて枕元にくつ下を置いたのでした。
あれは確か6歳のクリスマスの朝。
目覚めたら枕元に『よいこ』という幼児向け雑誌が置かれていました。

あっ!サンタさんが来てくれたんや!

でも、なんで『よいこ』なん・・・!?
と、プチツッコミを入れつつ、若干不思議に思ったのですが
とにかくサンタが来たことには間違いない、早速お母さんに報告や!
と思い、母に

私:『なーなーお母さん聞いて。
   昨日サンタさんが来たみたいで、こんなんくれたで!(よいこを見せる)』
母:『あ~、それか。それはおにいちゃんとお姉ちゃんからやで。』

ガーン!

母、自分の発した言葉の重大さに全く気付かず味噌汁をつくり続ける・・・。

(私は兄とは12歳、姉とは9歳年が離れている)

事実は残酷です。

それが私にとって最初で最後のサンタクロース(!?)からの
プレゼントだったのでした。

そのあと私は保育園に行ったのですが、
友達はサンタにアレを貰っただのコレを貰っただの、盛り上がっているのを横目に
サンタクロースなんて実は存在しないんだぞ、と
心の中で呟いたのでした。

大人の皆さんへ
子供には夢を与えましょう。



by oozora_column | 2006-12-24 13:19 | たあいもないお話

コンビニの店員さん

普段何気なく使っているコンビニ。
店員さんの応対もみんな同じ。
特筆する事があるわけでもなく、いたってマニュアルどおりである。
でも、成田宿泊ホテル近くのセブンイレブンには
とってもチャーミングな女の子の店員さんがいる。

成田で泊まりの際、宿泊ホテルの周りにはコンビにしかありません。
なのになぜかコンビニだけは3件もあるのです。
ホテルのご飯は高い割りに美味しくないし、
ついついコンビニに行ってしまい、ジャンキーな食生活になりがちです。
今までコンビニ選びに全くこだわりは無かったのですが、
最近はもっぱら「セブンイレブン」に決まりです。

なぜかというと、ホテル近くのセブンイレブンには
こんなに感じの良い、愛嬌のある店員さんがコンビニにいたのか!!!
というくらい、感じの良い女の子の店員さんがいるのです。
私は今までは、なんとなく「サンクス」に行っていたのですが、
この店員さんに出会ってからは必ず「セブンイレブン」に行く事にしました。
彼女とは、以前おでんの具材の話をしたことがあったのですが、
彼女はその後も私のことを覚えていてくれ、お店に行くと

『こんにちは~』

と満面の笑みで迎えてくれるのだ。
その笑顔とフレンドリーな感じがとっても愛嬌があるのだ。
ちょっと常連気分を味わった私は、ついつい彼女のいるセブンイレブンに
行くようになったのだ。

たかがコンビニ、されどコンビニ、
こういう店員さんがお客様を増やしていくのだなぁと思ったのでした。



by oozora_column | 2006-12-20 15:28 | たあいもないお話

バジル

以前、当ブログにてパクチ-について語らせてもらいましたが、
http://oozoracolu.exblog.jp/4014489/
今日はその第2弾

『バジルじゃないじゃん!』編

をお話したいと思います。

ある日、台湾にてカジュアルイタリアレストランに同期と行きました。
そしてメインのパスタを、スパゲッティバジル風味にしたのでした。
パクチーは世界で一番嫌いな香草ですが、
パクチー以外の香草は大好きな私。
スパゲティーが来るまでの間、口の中で
バジルの味を思い起こしながらイメージトレーニング。
生唾を飲み込み、いざ出されたバジル風味のスパゲティを口にすること
0.5秒。

バジルじゃないじゃ---ん!!!!!

バジルと言うより、完全にパクチーの味でした。
後でわかったのですが、
台湾という国には『台湾バジル』とやらが存在し、
それはまさにパクチーの味なのでした。

私はそのスバゲティーを一口も食べることができず
2度と台湾でバジル風味のパスタを食べるまい、と
心に誓ったのでした。



by oozora_column | 2006-12-19 12:25 | おやつ・ぐるめ

理想と現実

とある夫婦の会話。

映画『私の頭の中の消ゴム』を見た妻と
SOFTBANKのCMを見た夫。

妻:『あ~、チョン・ウソンさんて完璧にカッコイイわ・・・。』

妻は夫を見て一言。

妻:『なんでチョン・ウソンじゃないのん?』

夫も負けじと妻に向かって一言。

夫:『なんでキャメロン・ディアスじゃないのん?』

・・・・・・・・・。

五十歩百歩、どんぐりのせいくらべです。

理想と現実は
かくして異なるものなのでした・・・。

f0083021_1243314.jpg
f0083021_1244894.jpg



by oozora_column | 2006-12-17 10:00 | たあいもないお話

まさお君よ永遠に・・・。

まさお君

あなたは旅立ってしまったのですね。
あなたの食べ物に目が無い、
ちょっとお行儀の悪いかんじが大好きでした。
犬のくせに二重やし。
でも、その遺伝子は確実にだいすけ君に受け継がれてますので
安心して虹の橋を渡ってくださいね。

みんなまさお君の事が大好きでした。

テレビ番組の「ポチたま!」にでてくるマスコット犬、
まさお君(ラブラドールレトリバー9歳)が
今日天国へ召されました・・・。
ご冥福をお祈りいたします。
f0083021_016010.jpg




by oozora_column | 2006-12-13 00:03 | 映画・テレビ

パスポート切替手続き

ショーッッック!!
今日、パスポートの切替手続きをするため、住民票のことで質問があり、
奈良の旅券センターに電話した。
通常、パスポートの切替には1週間必要ですが、
私達乗務員はパスポートがないと仕事にならないので
早期旅券発行依頼ができる。(いや、正確には過去形、できた。)
しかし。
今日確認したところ、早期旅券発行はできないと言われた。
私の条件が早期発行にみあわないという理由だ。
この日のために有休までとったのに。
大阪のパスポートセンターは早期旅券発行してくれたのに。
何故何故どうして?

業務連絡です

乗務員は、パスポート切替手続きの為に
有休7日間とりましょう

・・・・・・。



by oozora_column | 2006-12-12 13:12 | お仕事番外編

証明写真

とうとう来てしまいました。
パスポート更新の日が。
2007年7月で切れてしまう私のパスポート。
そろそろ更新時期になりました。
思い起こせば10年前。
今の会社に入社して2年目くらいでしたでしょうか。
まさかまさか10年後の今、まだ同じ会社で働いているなんて、

想定外。

当時の私の人生計画に基づくと、
20代後半で第一子を出産し、32歳あたりで第2子を授かり、
今の年齢では3人目を身ごもっている予定だったのにん。
現実は犬の「まろん」1匹ですだ。
人生ってわからないものですね・・・。

そして10年前の私の写真を見るたびに思うのですが、

時間って残酷ですね・・・。

10年後の私は一体どうしているのでしょうか。
ちょっとセンチメンタルになってしまった、
今日なのでした・・・。



by oozora_column | 2006-12-11 18:01 | たあいもないお話

とうとう空のお仕事を退職し、只今育児に専念中。そんな大空さんのたあいもないお話。
by oozora_column
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

HPのご案内

いつでも里親募集中の
サイト
いつでも里親募集中

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧