大空さんの徒然日記

<   2011年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧




スモッグ

4月よりプリスクールを進級した息子君。
今年はHungry Hippo(はらぺこカバ組)クラスとなりました。
昨年度の「カッコイイ イモムシ組」に続き、またまた可愛くない感じであります。
ま、いっか。

さて、昨年より10センチ以上身長が伸び、新たにスモッグを作らねばならなくなり、
思い切ってミシンを購入し、やっとの思いで作りました。
昨年も作ったスモッグ。
私には難しすぎて、もう2度とミシンは触るまいと誓ったのですが、
息子のためならえ~んやこ~ら・・・。
おかあちゃん頑張ったでぇぇぇぇ。
f0083021_2361443.jpg

細かいツッコミどころは満載なのですが、まぁよしとして下さい。
あとはポッケにマックイーン(アニメカーズの主人公)のアップリケを
付けたら完成です。

今年もいっぱい工作して、汚して帰ってくるんだろうなぁ。
息子よ、おかあちゃんは陰ながら応援してるで。006.gif
[PR]



by oozora_column | 2011-04-28 23:00

この味は・・・。

久方ぶりの更新となってしまい、すみません。
さて、久しぶりだというのに、どうでもいい話題です。

もう食べたことがある方は知っていると思いますが・・・。

カップヌードルごはん

f0083021_1451616.jpg

ちょっと期待して食べてみたのですが。
うーん・・・。
分かりやすく言いますと、カップヌードルの残りの汁にご飯を入れた味。
そうです。まんまその味です。

私の個人的な意見は

カップヌードルでいい。

ご飯は自分でなんとかします。

026.gif
[PR]



by oozora_column | 2011-04-27 23:40 | おやつ・ぐるめ

すっかり春ですね。

近所の桜が眺められる公園へ息子と遊びに行ってきました。
f0083021_14132100.jpg

ここの公園(通称果樹園)は、いつ行っても殆ど誰とも会いません。
こんなに桜が綺麗なのに、誰もいないので穴場としか言いようがありません。

息子と滑り台であそんでいると、めずらしく私たち以外にも訪問者が!
つくしを集めていた小学生の男の子達。
つくしを集めて佃煮をたいてもらうのだとか。
佃煮はお母さんが作るより、おばあちゃんが作る方が美味しいのだとか・・・。
子供はほんとに外で何話しているかわかりませんねぇ。はははは・・・。

そして息子はその小学生のお兄ちゃんたちからつくしをおすそ分けしてもらい、ご満悦。
f0083021_13934100.jpg


その後公園を歩いていたらなんと、
白いタンポポらしき花を発見しました!
f0083021_140531.jpg

ちょっとピンぼけですが、確かにこれはたんぽぽだと思います。
どうしましょう、世紀の大発見だったら・・・。037.gif

こんな感じで、とっても平和な時間が流れていた週末でした。
[PR]



by oozora_column | 2011-04-11 01:49 | たあいもないお話

今日、公園で息子と遊んでいたら、息子が花を摘んできて私に言いました。

「も みたい。」

f0083021_1393798.jpg


確かに。
ひらがなの「も」に見えます。
補足いたしますと、もともとこのように茎はカーブしていました。

草花を文字に例えられるなんて、子供ならではの頭の柔軟さだなぁと
感心してしまったのでした。
[PR]



by oozora_column | 2011-04-03 01:41 | たあいもないお話

ドイツの幼稚園

私の姪は今、大学生で、幼児教育を勉強しています。
先月姪は勉強の為、幼稚園発祥の地ドイツへ行ってきました。
そしてお土産にもらったのがこの可愛らしい木のおもちゃ。
f0083021_117177.jpg

息子もとても気に入って、細長いおもちゃをクネクネさせて遊んでます。

そして姪のドイツでの幼稚園の話を聞くと、日本と全く違ったので驚きました。
というか、日本の幼稚園しか知らない私にとって理解に苦しむほどのカルチャーショックでした。

まず、幼稚園といってもお勉強したりお弁当食べたりするいわゆる園舎は無いそうです。
登園したらそのまま野山へGO.
雨の日も雪の日もカッパを着て野山で遊ぶそうです。
もちろんお弁当も野山で食べるそうです。
なので保育時間も短いのかと思いきや、なんと朝の7時くらいから昼の1時2時くらいまで
昼寝なしでぶっとおし、野山を駆け巡るそうです。
一部の幼稚園には荷物を置く程度の小屋はあるそうですが、
基本、活動は野山だそうです。

なんと、なんというこの感覚の違い。
勉強なんてさせなくても、無理にいろいろさせなくても
野山を駆け巡る。これでいいんだ、むしろこの方が自分で知恵を絞って遊んだり
次の行動をどうとるべきか等、考えられるようになるんだろうなぁと・・・。
頭をガツンと殴られたようです。
明日の事もお金の事も何も心配することなく、その日その時を思いっきり遊べるのって
子供のうちだけですもんね。
そう、長い人生のほんの数年だけなんですよね。
こういう環境はおそらく昔の日本でもあったんでしょうが、経済成長と共に
いつの間にか都会では見られなくなってしまったのでしょうか。

何が正しいかという話ではないのですが、とにかくドイツの保育の仕方に驚いたので
ちょっと書かせてもらいました。

都会でもちょっと離れただけで野山が広がっているなんて、素敵だし、
きっと子供たちも生き生きしてあそんでいるんだろうなぁなんて思いました。
[PR]



by oozora_column | 2011-04-02 23:15 | ベビー関連

とうとう空のお仕事を退職し、只今育児に専念中。そんな大空さんのたあいもないお話。
by oozora_column
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

HPのご案内

いつでも里親募集中の
サイト
いつでも里親募集中

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧